Since 2008.2.17
 カートの中身



  アリゲーター スタンディングエボ205
メーカー希望小売価格 142,800円(税込)
販売価格 129,570円(税込)

ALLIGATOR スタンディングEV0 205
































 スペック
 
全長:2.0m
継数:1本
仕舞寸法:2.0m
自重:570g
先径:2.4mm
元径:15.0mm
錘負荷:120−200号
保証ハリス:−30号





























 カラー
 

●チップ:黒ラメ


●ガイド止め:010(濃青ラメ)
●ガイド下:011(金ラメ)
●ワンポイント:011(金ラメ)
●Fグリップ:リゼンブル黒
●Rグリップ:LPA黒














 定価・オプション

本体定価:

132,300円 (税込)



特別色:(+10500円)

















=店長より一言=



 アリゲーター技研のスタンディングロッド STANDING EVO。 銭洲・イナンバ・神津周りetc 『ライトスタンディング』用の1本です。



 銭洲で熱い釣法ですね。ムロアジを餌に、カンパチの回遊する泳層を探りつつ、微妙な誘いを入れる。アタリがあったら、思い切り合わせて、カンパチの口に確実に針をかける。ファイトは、全身をバネにして迅速かつ、力強く行う必要があります。総合的な釣りの腕が問われる釣法で、熱くなられている方が当店にも多数いらっしゃいます。店長
松本も大好きな釣りです。昨年は、銭洲で10kgくらいのブリを釣りました。『おお!ヒラマサだ〜。』と思って顔を見ると何か丸い・・・昨年の銭洲のブリレコードではないかと密かに思っています。



 205は、185に比べて20cm長いですので、穂先が長く竿自体の魚引きに対する吸収性が高まっています。反面、身長や体力によっては、長い分扱いが厄介かもしれませんので、スタンディングロッドをご購入の際は、ご自身の体力や身長、そして釣りのスタイルに合わせてお選びいただければと思います。当店では、標準的なスタンディングロッドとして、スタンディングEVO185、205のほかに、更に短いオリジナルモデル『FZスタンディング170』もご用意しております。また、『スタンディングヒート』も若干硬めのバランスとよりハードな釣法に対応するバットパワーで好評を得ています。



 スタンディングEVOは、深場釣りでもかなり好評なようで、北関東、北陸、東北での中深場に使用されているお客様も多いです。(松)